岡本 知佳Okamoto Chika

医事管理部 医事課
勤続7年目

大島 綾菜Ohshima Ayana

医事医事管理部 医事課
勤続3年目

学校より、入職してからの学びのほうが多かった

岡本:私は宇都宮東病院の受付や会計業務などの医療事務全般や、受付での待ち時間の管理などをしています。 大島:私は医事課で介護老人保健施設 宇都宮シルバーホームの受診予約の準備や、新規入所される方のカルテ作成等の仕事をしています。 岡本:入職7年目になりますが、振り返ると入った当初は右も左もわからない状態で、特に介護保険に関しては学校でも教わらなかったので、入職後に勉強しました。保険の内容や申請に必要な条件を調べたりしているうちに自信がつきましたね。やっていくうちに仕事の面白さも出てきました。 大島:北斗会は初めての就職先だったので、最初は人間関係がうまくやっていけるか不安でした。でも、先輩たちが車椅子の方にさっとドアを開けてさしあげたり、寒い時にはブランケットをお渡しするのを見て、患者さまのことをよく見ているなあと尊敬しました。対応のしかたひとつで患者さまの笑顔が違ってくるので、自分もそうありたいと思っています。

患者さまの目を見て感じ取ることの
大切さを知る

岡本:日々の受付対応にしても、勉強することはまだまだあります。特に北斗会では患者様へのおもてなしを重視していて、研修でも接遇を学んでいます。身につけたいのはおもてなしの基本「目配り、気配り、心配り」ですね。 大島:私はまだ医療知識が少ないので、もっと身につけたいです。 岡本:患者様をご案内する上で、医療知識があるとスムーズに伝えられることもありますよね。また、医師に言いにくいことを私たちに言ってくださることもありますので、忙しい仕事の中であっても、なるべく話していただけるように心がけています。ただ、患者様にお応えして時間を要するときには、業務が滞らないようスタッフがフォローしてくれるので感謝しています。 大島:現場で学んだことは、やはり患者様への対応のしかたですね。目を見て感じ取る、気持ちを読み取ることの大切さを学びました。だから、メモを取るときでもずっと下を見ず、患者様を見ながらするようにしています。

仕事は成長と人生経験をもたらしてくれる

岡本:自分にとって働く意味とは「成長」だと思います。だから結婚・出産しても続けたいです。 大島:私にとって仕事は「人生経験」です。家にずっといたら、働く楽しさも得られないですし、辛いことも含めて経験のひとつかなと思っています。 岡本:大島さんはムードメーカーなんですよ、彼女がいると部署が明るくなります。彼女みたいに人に接するのが好きな人にぜひ来て欲しいですね。北斗会は職員同士のコミュニケーションがうまくいっていると思います。医事課では年度テーマとして「コミュニケーション」を掲げていますが、外来の看護師さんや病棟の看護師さんというように、日々他の課の人たちとの連携が必要なので、声かけはとても重視しています。そして、地域の方に気軽に来ていただけるような病院にしたいと思いますね。